上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日から所用で山形に出かけておりましたのでマルス券が出ました。

920s-.jpg


よく見ると新幹線特有の赤文字がありませんね。よく見てください。

”経由:奥羽・東北”


そう、在来線での旅なのである。

山形を6:28に出発する福島行きの直通電車に乗って、福島・郡山・黒磯・宇都宮・久喜・大宮・与野本町を経由して、途中久喜で降りて鷲宮神社へ寄ったのでそれも含めて総乗換回数8回、時間にして約9時間の長旅でしたw

途中下車印は、宇都宮・久喜・大宮・与野本町です。

無効印は池袋です。


長距離で新幹線を利用しない切符は初めてなのでちょいと記事にしてみましたw
スポンサーサイト
久々に切符関連の記事です。

今回は、出補と車補について紹介したいと思います。


shuppo.jpeg(画像クリックで拡大)

京浜急行電鉄 青物横丁駅発行、甲冊の出札補充券です。区間は、青物横丁から品川・池袋経由で西武鉄道 ひばりヶ丘までとなっています。これは、券売機では購入できませんが東日本旅客鉄道の連絡運輸規定により該当する民鉄をJRを通して乗る場合は三社連絡運輸が成立するとあるので購入が可能というわけです。しかし、区間の制限があり、ひばりヶ丘以西は不成立で発券不可となるなど様々な特約があります。



syaho-kanntetsu.jpeg(画像クリックで拡大)

関東鉄道 水海道乗務区乗務員発行の車内補充券です。実は某運転の際に私が鋏を入れました(^-^;)。車補は上の出補とは違い、手書きの部分が無く全て鋏で発券できるように簡略されています。領収額の欄には、500と30の所に鋏が入っています。これは、530円ということを表します。



shaho-hakone.jpeg

箱根登山鉄道 総合運転所乗務員発行の車内補充券です。上のものと同じですが、駅名の欄が地図式になっています。この例では、小田原~強羅間の原券を公園上まで区間変更した時のものです。



以上のように、補充券は様々な種類がありマルス券同様に深いものであるということが分かります。
いままで、マルス券に関していくつか取り上げてきましたが、近距離用の自動券売機に関してはノーマークでした。

新旧の違いが結構あります。

<JR東日本>
旧型
6952.png

新型
1361.png


首都圏近郊は新型が主流になりつつあります。レイアウトは変わらないものの、濃さ・フォントの違いが目立ちます。新型はICカードに対応するため感熱式(マルスではMEX端末など)となっています。



<東武鉄道>
旧型
6962.png

新型
0035.png


東武鉄道も、上に同じです。



このように、新型と旧型では基本的にレイアウトに変更は無いものの、フォントが違うといった端末特有の違いというのがみられる傾向にあります。

現在、首都圏の大手民鉄においても新型端末の導入を進めていますので旧型が見られるのももうすこしとなりそうです。私の家の最寄となる駅もつい最近全て新型に置き換えられてしまいました。


<おまけ>
0123.png

西武鉄道の臨時端末発行の乗車券です。通常と違い、POS端末のような仕上がりとなっています。通常、一般では購入できないみたいです。
先日、廃止になる東急・小田急の通過連絡運輸にて小田急の乗車券は購入したものの、東急の乗車券を購入していなかったと書きましたが、今日学校が昼までだったので行くことが出来ました。


以前の小田急連絡券では、スムーズに稲城長沼で購入できましたが友人が東急連絡券を鹿島田で購入しようとしたところ、マルスでは発券できないとか嘘を言い続けられて発券してもらえなかったというのを聞いて、大型窓口のある山手線側から購入することにしました。

後で思ったのですが、鹿島田は業務委託駅でJR東日本の支社の方ではないんですよね。業務委託駅ではそういう類の乗車券等は買わないほうがいいのかもしれません。ちなみに業務委託駅は、券売機で購入した金額式乗車券に(ム)←○の中に「ム」の字が表示されている駅です。

50425-01.png
今回はクリックで拡大はしません。残念。


前回の小田急登戸接続 通過連絡運輸乗車券同様に3月13日に廃止されるものです。

池袋は無論、直営駅なので発行もスムーズにいきました。

尚、小田急経由同様にこちらも口座がマルスへ設定されているために自動改札が通行でき、85ミリ券での発行となります。

運賃計算などは、以前の小田急通過連絡券の記事にて書いていることと同じですので省略します。

画像の券面で、武蔵小杉が途中下車印となっていますが、こちらは駅員氏がスタンパー(乗車印)か、下車印か選んで良いとのことだったので下車印を押してもらいました。なので、この武蔵小杉の下車印は東急のものではなくJRのもので、通常は、スタンパーによる押印となります。(東急側で下車印を要求したところ、あいにく無いとのことで押印していただけませんでした)


そういえば、最近は画像のような感熱式の券が増えましたね。一、二年くらい前だったらまだ熱転写式が一部存在していたんですけどね。MV30端末のようなのではなく、窓口業務のMR32とかMEMとかMEXとかですね。ICカードに対応した端末が感熱式だそうです。
★投稿同日、23:52 自動券売機発行の連絡券画像追加。
★投稿同日、23:59 一部文章追記。


今年3月13日、横須賀線 新川崎~西大井間に武蔵小杉駅が開業する関係で東急東横線、小田急小田原線のそれぞれで通過連絡運輸を廃止することになりました。

通過運輸画像クリックで拡大

上は、稲城長沼駅MEX端末発行、登戸接続の小田急線通過連絡運輸券です。


通過連絡 券売機

上は、稲城長沼駅自動券売機発行の同様の券です。

この東急および小田急においての通過連絡運輸とは南武線の一部区間と対応しており、

・JR東京山手線内の各駅と東急線を経由して南武線 矢向-南多摩間の相互間
・JR東京山手線内の各駅と小田急線を経由して南武線 武蔵中原-南多摩間の相互間

のいずれかに当てはまる区間に乗る場合に発券されます。

上の画像の切符の経由に小田急線と書かれています。

特徴として、南武線発駅から東急または小田急の接続駅と小田急の場合は新宿、東急の場合は渋谷から東京山手線内の距離が加算されて計算されることです。これにより、新宿または渋谷での(その反対では、東急だと武蔵小杉、小田急だと登戸)初乗り運賃が再び加算されることを防いでいます。

JR運賃(南武線駅~小田急又は東急接続駅間+東京山手線内駅~小田急又は東急接続駅間の合計キロ分運賃) + 私鉄運賃(小田急利用の場合は登戸~新宿、東急利用の場合は武蔵小杉~渋谷) の合計運賃が切符の値段です。

また、当該の私鉄社線区間はマルス端末に口座があるため、85ミリ券となります。(通過連絡ではなく、連絡運輸の場合は一部120ミリ券)

さて、そんな便利な通過連絡運輸も武蔵小杉に横須賀線が通るとそこから直で東京都心へ向かうことが出来、東急は大打撃を受けることになります。

ただ、ほとんど関係がないだろうと思われる登戸接続の小田急も通過連絡を廃止するということで関東で残すところでは東京メトロ千代田線、又は東西線経由の通過連絡運輸のみになりました。

世間では、横須賀線に新駅開業と騒がれていますがその影でその通過連絡運輸が廃止になることはほとんど知られていません。

私は、まだ東急の通過連絡運輸券を購入していないのでそのうち行ってみたいと思います。そういえば、券売機で買える通過連絡運輸券でいつの間にか地図式のものが無くなりましたね。あの方が分かりやすいと思うんですけど。

尚、今回通過連絡運輸は廃止と書きましたが完全な廃止ではなく、連絡定期では口座を残すそうです。
入場記録
プロフィール

でんじらぴっど

Author:でんじらぴっど
普段はホームで旗を振ったり、放送したり、窓口できっぷを売ったりする仕事してます。
----------------------
荒らしの書き込み、その他正当な書き込みとみられないものは即除去し、悪質な場合はそれなりの対処をします。

▲当サイト内の画像は原則転載・再配布禁止です。他の方からも借り物もあったりするので、どうしても必要な場合だけ連絡ください。
----------------------

◆イベント参加予定◆ 8/3…艦これ横浜観艦式予行昼
8/15…C86 1日目
8/16…C86 2日目
8/17…C86 3日目
9/7…第32回土師祭 埼玉/鷲宮
9/14…砲雷激戦よーい!!12 国展
10/19…鎮守府に着任しました!
    ~藤永田ニ見ユル刻~ 大阪

11/9…浦賀船渠ノ航跡 横須賀
------------------------------
白文字は一般参加のイベントです。
青文字はスタッフ参加のイベントです。
イベント名の後の地名は会場のある場所です。
お知らせとか
●当サイトバナー(2014.7.16~)

●フォームを利用される方へ
文章の構成や内容によっては、返信をしかねる場合がございますので、文章を確認のうえ、ご送信願います。また、相互リンクご希望の方は必ずお持ちのページのアドレスをお書きください。

Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
(★)は相互リンクサイト
(☆)は相互リンク出願中サイト
(×)は不通サイト
(単)は単線リンクサイト(片道)
(〓)は特別相互リンクサイト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。