上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、桐乃電鉄で運用される自社線車両を発表いたします。


<1000系・1050系>

【前面】
ker1000-1.png

【側面】
ker1000-2.png

【車両諸元】
車両形式名:桐乃電鉄1000系・1050系

車体寸法:先頭車/19500×2768×3640㎜ 、中間車/19500×2768×3620㎜

車体性能:営業最高速度 110km/h 、設計最高速度 125km/h

電気方式:直流1500V、架空電車線方式

制御方式:VVVFインバータ制御(IGBT素子)

台車:先頭車/TS-1067、中間車/TS-1062

製作年月:2010年10月

製作工場:桜が丘ネオジウム

編成形式:6両編成(構成:4M2T) 1050系は2両編成。

【車内銘板】
ker1000-3.png

【車両説明】
桐乃電鉄の標準通勤型車両。全編成が桜が丘ネオジウム製。1000系は6両編成で1050系は増結用の2両編成となる。通勤区間へ主に使用されるため、4ドア配置になっている。ラッシュ時や多客時は、1050系を増結して最大8両編成での運転も可能。松代鉄道の保安装置を搭載しているので、松代鉄道への直通が可能。運転台に左片手式ワンハンドルマスコンを設置して操作性も重視させている。車内LCD、照明装置の改良可などでサービス性の向上も図る。1050系は、澪新島~佐和湖間のワンマン区間での運転も可能。1050系を三編成連結させて本線運用に就くこともできる(ブツ6編成)。






<1070系>

【前面】
ker1070-1.png

【側面】
ker1070-2.png


【車両諸元】
車両形式名:桐乃電鉄1070系

車体寸法:先頭車/19500×2768×3640㎜ 、中間車/19500×2768×3620㎜

車体性能:営業最高速度 110km/h 、設計最高速度 125km/h

電気方式:直流1500V、架空電車線方式

制御方式:VVVFインバータ制御(GTO素子)

台車:先頭車/TS-1132、中間車/TS-1062

製作年月:2010年10月

製作工場:近江製作所

編成形式:2両編成(構成:1M1T)

【車内銘板】
ker1070-3.png


【車両説明】
桐乃電鉄の標準近郊型車両。1000系や1050系と同一の性能だが、全編成が近江製作所製な上、制御装置がGTO素子のVVVFインバータ制御というなど若干の違いは見られる。姫子野原以降を主に走り、澪新島~佐和湖間の主力車両であるという理由から、3ドア配置になっている。ワンマン運転時に案内用として放送するために、車外スピーカーを設置している。松代鉄道の保安装置は設置していないため、乗り入れはできない。鎌池公園駅と冷暖房効果持続という二つの対策として半自動ドアを採用、長時間停車や無人時間帯の鎌池公園ではドア横のドアボタンを操作する。車内銘板の号車表示は7と8になる。これは、1000系と連結した場合を想定していてその証拠として増の字がある。寒冷地を走行するため、霜取りパンタが取り付けられている。物理的に1050系との連結は可能だが、号車表示が対応しなくなるので通常運用では行わない。
スポンサーサイト
これまで、桐乃電鉄を営業するにあたって様々な分野において部分的に発表してきました。

その段階的な発表のメインデッシュとして、桐乃電鉄の車両がまもなく公開となります。

今回は特別にモザイク処理をした画像だけご覧いただきたいと思います。


<車両前面>
ker1000-before.png


<車両側面>
ker1000-before2-2.png


<車両諸元>
車両形式名:桐乃電鉄1000系

車体寸法:先頭車/19500×2768×3640㎜ 、中間車/19500×2768×3620㎜

車体性能:営業最高速度 110km/h 、設計最高速度 125km/h

電気方式:直流1500V、架空電車線方式

制御方式:VVVFインバータ制御(IGBT素子)

台車:先頭車/TS-1067、中間車/TS-1062

製作年月:2010年10月

製作工場:桜が丘ネオジウム 近江製作所

編成形式:8両編成(構成:4M2T)


◆◆◆
桐乃電鉄開業と同時に運用される車両。シルバーメタリックな車体に青いラインが入った近代的なデザイン。車内にも気を配り、ドア上部にはLCDディスプレイを二台設置したほか、シートピッチを増やして和みが取れる車内を目指した。



<路線概要>

路線名称:桐乃電鉄株式会社 桐乃本線(愛称/あにめろーど桐乃線)

敷線路幅:1067mm(狭軌敷設)

電気系統:直流1500V、架空電車線方式

保安装置:CS-ATC




以上、車両と路線の概要でした。車両は近日、モザイクを取ってお披露目したいと思います。
先日発表しました、松代鉄道線との連絡乗車券の発売ですが、乗車券のテンプレートが完成しましたので後悔(公開)いたします。


連絡乗車券

例として、元御坂駅から松代鉄道線の200円区間までを示しています。

ところで以前、割引額は20円均一という発表をしましたが、松代鉄道の営業部側から価格改定の公示を受けまして、割引額が変更になりました。


01~05 10円
06~10 20円
11~15 30円
16~20 40円
21~26 50円

左は松代鉄道の営業キロ程。右は割引額です。


駅名表記は 桐電海村(地下側)/海村(地上側) の両方が使えることを分かりやすくするためにこのような表記となっています。


桐電海村駅接続の場合は、桐電から松代鉄道への直通電車にそのまま乗る場合です。この時、中間改札は通らずに出場は松代鉄道側となります。

海村駅接続の場合は、桐電から桐電海村駅で途中出場して松代鉄道 海村駅の改札に再入場して下車駅で出場するパターンです。このとき、桐電海村駅と海村駅の中間改札を通ることになります。


また、区間表示ですが桐電相互発着の場合と違って松代鉄道側のものに合わせています。桐電相互発着の場合は以下になります。

普通乗車券 改


尚、連絡乗車券に「下車前途無効」の文字が印字されていますが、実際は中間改札を通るパターンがあるので桐電海村駅に限り途中下車が可能です。但し、あくまで特例ですので乗継は30分以内とします。つまり、桐電海村駅改札を出場して30分以内に海村駅へ再入場しなければ無効になる、ということです。


松代鉄道相互直通電車の運転区間は桐電海村~桐乃台となりますが、連絡運輸の範囲は当社線は桐電海村~澪新島とします。鎌池公園、佐和湖では連絡乗車券の購入はできません。鎌池公園では乗車証明証をそのままお持ちになって下車駅での精算が可能です。同様に、佐和湖では桐電海村までの乗車券をお買い求めの上、下車駅でご精算ください。但し、松代鉄道直通電車に限り有効です。桐電海村駅での途中下車をして松代駅のご利用はできませんのでご了承ください。
部活のメンバーがこのブログの事を知っていたみたいです。何かうちの高校ではちょっとずつ有名になっているようで嬉しい限りです。はい。

ただ、一つだけ言いたいことがあります。


『できればパソコンで見てくれ!』

当ブログは、パソコンで見られる環境を考えています。よって、携帯は一応見られるよというオマケ程度のものなのです。本来はパソコンで見られることを前提にしていますのでぜひともパソコンでご覧ください。


さて、前書きはこれくらいにして。


更新が遅れましてご迷惑をおかけいたしました。本日、松代鉄道側から営業キロと運賃の制定が発表されましたので報告させていただきます。



<松代鉄道 営業キロ>
松代 0.0

新松代 1.2

川里 2.3

吉岡 3.2

平田 4.9

中原峠 6.6

見崎 8.0

桐電海村/海村 9.9


松代鉄道 海村駅と桐電海村駅は同一駅扱いとします。松代鉄道直通列車は桐電海村から見崎方面へ直接乗り入れます。


<松代鉄道 運賃表>

1-3/170
4-5/200
6-8/240
9-10/270

左は営業キロ程



営業キロ、運賃共に当社(桐乃電鉄)から乗り入れを行う区間のみ掲載しております。松代鉄道全線につきましては、今後もし松代鉄道線がネット進出したならばそちらで公開するでしょうし、こちらで代理公開するかもしれません。



以上、松代鉄道線からの報告でした。続きまして、桐乃電鉄からの報告です。

駅名標のデザインが決定いたしました。


桐乃電鉄 駅名標デザイン <一般駅>
駅名標 例

一般駅に設置されるデザインです。夏と冬に三日間ほど戦場までお世話になる某高速鉄道っぽくなってたり、JR酉っぽくなってたりよく分からないデザインです。


桐乃電鉄 駅名標デザイン <桐電海村駅>
駅名標 例2

桐電海村駅に設置されるデザインです。この駅を境に鉄道会社が異なるという事を理解しやすくするためにカラーリングを変化させています。


あと、肝心な車両ですが現在設計中であります。また、配線図も完成次第公表したいと思います。


尚、松代鉄道との乗継割引は20円割引で松代鉄道側から認可をいただきましたので双方より連絡乗車券を購入の場合に適用いたします。
今日は、松代鉄道の関係者らが主催する模型運転会があったようなのですが何故か私の携帯にはその知らせメールが届いていなかったので行くことができませんでした。携帯の調子も良かったはずなのにおかしいな・・・?




さて、先日の旅客営業制定の記事にて語弊があった箇所がありますのでここで訂させていただきます。

乗継割引制度につきましては、現時点で桐乃電鉄側で連絡乗車券を購入した場合にのみ適用することになっています。今後、話合いによっては双方で割引ができるという方針にもなるかもしれません。

尚、忘れ物については松代鉄道側とこれについて話合いをしておりませんので仮定とさせていただきます。現時点で直通運転をする列車があった場合は松代鉄道線の各駅へもお問い合わせください。



<片道乗車券>
普通乗車券 改
桐乃電鉄線相互発着の乗車券です。


<普通回数乗車券>
普通回数券
使用制限がない11枚綴りの普通回数券、平日の9:00~16:00のみ使える12枚綴りの時差回数券、土休日と祝日のみ使える14枚綴りの休日割引回数券がございます。発売額は乗車される区間に値する普通片道運賃の10倍で、小児設定もございます。


<定期乗車券>
定期券
通勤用の定期乗車券です。ほかに通学用定期の設定もございます。


<乗車証明証>
乗車証明
鎌池公園駅は、時間帯によって駅員が不在となり無人駅になりますので乗車を証明する券が発行されます。乗車証明については、券は青色となります。


<定期券購入済乗車証>
定期券購入済乗車証
定期券売り場が無い駅から最寄の定期券売り場のある駅に行く場合、定期券購入後に最終降車駅まで乗車可能な乗車証です。定期券の有効区間の1駅のみ利用が可能です。切符の色はマルス端末発行の券であると黄色となります。


<株主優待乗車証>
株主優待乗車証
個人の株主が一定の株を所持している場合に半年に一回支給されます。これは全線片道区間1回のみ使用できる回数券型のものです。支給される枚数は所持する株によって変動します。



連絡乗車券につきましては、松代鉄道側から社線内の運賃の公示があり次第に公表します。
入場記録
プロフィール

でんじらぴっど

Author:でんじらぴっど
普段はホームで旗を振ったり、放送したり、窓口できっぷを売ったりする仕事してます。
----------------------
荒らしの書き込み、その他正当な書き込みとみられないものは即除去し、悪質な場合はそれなりの対処をします。

▲当サイト内の画像は原則転載・再配布禁止です。他の方からも借り物もあったりするので、どうしても必要な場合だけ連絡ください。
----------------------

◆イベント参加予定◆ 8/3…艦これ横浜観艦式予行昼
8/15…C86 1日目
8/16…C86 2日目
8/17…C86 3日目
9/7…第32回土師祭 埼玉/鷲宮
9/14…砲雷激戦よーい!!12 国展
10/19…鎮守府に着任しました!
    ~藤永田ニ見ユル刻~ 大阪

11/9…浦賀船渠ノ航跡 横須賀
------------------------------
白文字は一般参加のイベントです。
青文字はスタッフ参加のイベントです。
イベント名の後の地名は会場のある場所です。
お知らせとか
●当サイトバナー(2014.7.16~)

●フォームを利用される方へ
文章の構成や内容によっては、返信をしかねる場合がございますので、文章を確認のうえ、ご送信願います。また、相互リンクご希望の方は必ずお持ちのページのアドレスをお書きください。

Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
(★)は相互リンクサイト
(☆)は相互リンク出願中サイト
(×)は不通サイト
(単)は単線リンクサイト(片道)
(〓)は特別相互リンクサイト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。