上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、コミケ77 2日目でした。

それと同時に、今日は以前の記事でも書きました新秋津→新秋津の途中下車可能乗車券を使ってスタンプラリーをしてきました。その途中でコミケにも寄ったのでちょっと書きます。


今回使用した切符は
Dsc00495.jpg

そして使用後は
Dsc00522.jpg拡大可能


こうなりました。それでは、下車印を押した駅一覧です。

新秋津、 スタンパー(乗車印)
東所沢、判子型下車印
西浦和、判子型下車印
武蔵浦和、駅名小印(下車印の代用)
戸田、シャチハタ型下車印
浮間舟渡、判子型下車印
北赤羽、シャチハタ型下車印
赤羽、シャチハタ型下車印
東十条、シャチハタ型下車印(なんか消えかけてますが・・・。)
上中里、シャチハタ型下車印
西日暮里、シャチハタ型下車印
鶯谷、判子型下車印
御徒町、シャチハタ型下車印
秋葉原、シャチハタ型下車印
神田、判子型下車印
新木場、シャチハタ型下車印(特別下車印の代用)
大井町、判子型下車印
大森、判子型下車印
蒲田、判子型下車印
鶴見、判子型andシャチハタ型下車印
新子安、シャチハタ型下車印
東神奈川、判子型下車印
大口、判子式縦型下車印
菊名、判子型下車印
新横浜、東日本会社線区別用判子型下車印
小机★、判子型下車印
鴨居、一般普及訂正印(鴨居さんのものを使用?)
中山、シャチハタ型下車印
十日市場、シャチハタ型下車印
長津田、判子型下車印?(シャチハタかも)
成瀬、判子型下車印
町田、シャチハタ型下車印
古淵、シャチハタ型下車印
淵野辺、シャチハタ型下車印(逆に押されました・・・。)
矢部、駅名小印(下車印の代用)
相模原、シャチハタ型下車印
橋本★、シャチハタ型下車印
相原、シャチハタ型下車印
八王子みなみ野、シャチハタ型下車印
片倉★、駅名小印(下車印の代用)
八王子、シャチハタ型下車印
豊田、判子型風シャチハタ型下車印
日野、シャチハタ型下車印
立川、シャチハタ型下車印
国立、シャチハタ型下車印
西国分寺、判子型下車印
新小平、シャチハタ型下車印
新秋津、判子型下車印(無効下車印の代用)※駅員の気遣いによる。

上記の駅の下車印が二枚目の画像の切符に押されていますので拡大して探してみてください。

大井町から横浜線経由で新秋津まで全駅にて下車しています。

そのため、大井町から新秋津まで6時間程かかりました。


では、このうちで印象に残った途中下車駅について挙げます。

① 東所沢駅を含む殆どの駅の場合
駅員氏に「どこら辺に押します?」とか「場所の指定はありますか?」という感じに聞かれる。大体、そこで空いてる場所に押してくださいと頼みました。

② 新木場駅の場合
東京駅で降りたことにして新木場までの片道料金を払う旨を駅員氏に伝える。てっきり、特別下車印を押すものだと思っていたものの、特別下車印を置いていないので下車印で代用することになりました。

③ 鴨居駅、十日市場駅の場合
鴨居、十日市場の両駅では駅員氏に「うおっ、こんなに集めたのか」といわれる。十日市場の場合、下車印の数だけでなくこのような券面表示を見るのも初めてだという。同駅発着のO券は初めてだったんでしょうね。

④ 鶴見駅の場合
鶴見線側の出口で下車印をお願い。鉄道ファンっぽい人だったのに無愛想で一言も喋らずに押印。しかも、その印は逆さまで、薄くて読めない状態に。仕方なく、事情を説明して反対側の京急鶴見側の出口で再押印。こちらはシャチハタ型で綺麗に残りました。

⑤ 上の下車駅一覧に★のつく駅(小机、橋本、片倉)
この上の下車駅一覧に★のつく、小机・橋本・片倉の各駅では私の人生初となる経験をすることができました。各駅に分けて書きます。

(1) 小机駅
駅につき、いつもどおりに駅員氏をコール。窓口一体型で窓口のほうに座っていた南こうせつに似ている駅員氏を呼びました。下車印を要求。その後、場所でも聞かれるのかなとか思っていたら南駅員氏(仮)が一言。

「自分で押します?」

思わず、すみませんとか言ってしまいましたが人生初となる下車印を押すことができました。緊張しましたね。ここで押したのは判子型の下車印でした。


(2) 橋本駅
京王相模原線や相模線との接続駅でもあるため賑わう橋本駅。若い駅員が応対しています。人が多く、有人改札のほうも人が少しいたので押してもらったら早く出ようと思い、下車印を要求すると

「お客様で押されますか?」

一回経験しているのにまた押印することができるとは。しかも、橋本駅はシャチハタ式の下車印なので判子型とは違います。インクの少なさを懸念して強く力を加えると強すぎてやや滲んでしまいました。


(3) 片倉駅<業務委託駅>
八王子の一つ手前の駅。住宅街があり電車到着時は人が賑わいますがやがて静まり返る駅です。二度あることは三度ある、この駅でも体験することができました。

「自分で押すかい?」

片倉駅は下車印が見つからず代わりに駅名小印を押すことに。一日で三種類の駅印を押すことができました。これも、O券だからできることですね。

青春18きっぷとかホリデー・パスなども利用できますが、あの手の切符では駅印を押す必要がありません。つまり、駅員に押印を断られることが多々発生します。

しかし、乗車券にすると一回通った駅には戻れないという規約があるようにその駅はもう通ったのでもう通ることはできませんという証明で押印が認められます。

つまり、そこで駅員が押印を断るとJR側が不利益になってしまうというわけです。



さて、お気づきの方もおられるとは思いますが上記の一覧にある駅の中に一つだけ本来は押されることのない下車印があります。

正解は新木場駅。

新木場はこの切符の経路ではないので精算をして出場したためです。その後コミケへ向かいました。

Dsc00506.jpg

今回は昼から入場。もちろんそのまま入れました。カタログは未購入です。超電磁砲関係の本と鉄道LED関係の本、それから切符関係の本を購入しましたw。


明日も行くかもしれません。



追記

鉄道の行先方向幕とか鉄道社員用標識のキーホルダーを販売しているサークルがあるのですがこちらもそういうの作って売ろうかなー、とかワタシはワタシは考えてみたり。
スポンサーサイト
毎度、「準急日和。」を閲覧くださいましてありがとうございます。

さて、前々から画面左のやや下あたりに広告を表示していますとおり、この度当サイト管理の新SNS型コミュニティを開設いたしますのでご案内いたします。




サイト名:「Index東武」

募集人数:約数十名ほど。(その後、順次会員募集開始)

入会資格:特にありません。


「Index東武」は、主として鉄道に興味のある方同士で触れ合うサイトです。

人と人とのコミュニケーションの場として近年話題となっております、SNS型となっております。

日記を書いたり、他人の書いた日記にコメントをしたり、Index東武内で自分のサークルを作り、仲間を集ったり、自分のおすすめする品を紹介したりする機能を多数搭載しています。

また、会員制で全ての会員にIDとパスワードが設定され、会員以外の他人が見ることはできません。


人数が集まり次第、運用を開始いたします。試験運用要素が入っておりますので、まずはモニターとして数十名を募集いたします。どうぞ、ご入会くださいませ。


試験運用モニター募集期間:平成21年12月28日~
尚、募集は下記の専用フォームより受付いたします。

※入会には入会動機を書くことが必須条件となります。フォームに書かれた文章を下に審査をいたします。

入会申請フォームはここを押してください。
先日、東武鉄道の株主優待乗車証を利用するとかいっていましたが結局先延ばしとなったため、今日行ってきました。

※毎度お馴染み、全ての画像がクリックで拡大可能です。

今回の起点は大宮駅。
Dsc00496.jpg

Dsc00497.jpg

今回使用したきっぷ。実は前からあったものの、使わずに仕舞っており有効期限が近いこともあって使用。ちなみに東武鉄道の株主である。


Dsc00474.jpg
↑新しい東武のサインシステム駅名標。最近、東武鉄道全線にて付け替え工事が行われている。

大宮から野田線に乗って春日部駅に降りると久喜行きが停車していて、急いで階段を駆け上がるも残念ながら丁度いってしまいました。

この接続のタイミングの悪さってどうなんですかね。

そのあと、スペーシアが来てそのあとにミクリ行き急行が到着しました。

トブコでは先ほど乗り逃した久喜行きが停車していて乗り換えました。

久喜では、館林・太田方面へ乗換となるのですがなんとも不運が続き、次の電車は館林行き。太田まで行きません。

仕方なく館林行きに乗車。前回の埼玉県民の日フリーきっぷで訪れた羽生を過ぎると、未乗車区間となります。

Dsc00480.jpg
↑30000系地上運用による太田行き。半直運用に入る30000系はもう僅か。


館林で数十分待ち、太田行きに乗り換えます。

Dsc00481.jpg
↑太田に到着。太田駅は工事により高架となった。

ここからは伊勢崎行きに乗り換えます。

Dsc00483.jpg
↑太田~伊勢崎のワンマン固定運用に就く、8000系の854F。通称、というか私は三桁車と呼んでいます。

Dsc00488.jpg
↑数年前までは伊勢崎線ほぼ全駅にて見ることのできた、伊勢崎行きの表示。現在では、太田までの運転となり太田以北でしか見られなくなった。ちなみに、特急りょうもう号には伊勢崎行きのスジがある。

Dsc00492.jpg
↑東武伊勢崎線の最北端である伊勢崎に到着。隣はJR両毛線が走る。

伊勢崎駅到着と同時に、東武伊勢崎線は全線走破しました。


さて、この伊勢崎駅ではみどりの窓口があったのでとある切符を購入しようと列に並びます。

すると、お年寄りの女性がなにやら呟いていたので切符を購入中だった関西人の方が声を掛けました。

どうやら、明日の夕方までに富山県の高岡まで行くとのこと。

指定席券売機がありますが、と私が伊勢崎駅にある転写印字式のMV30端末を勧めると機械は分からないので、との回答。

結局、高崎まで出て購入すると帰っていきました。

さて自分の番です。学割の紙を渡しました。

フジテレビの福井アナに似ている駅員とのやりとりです。


福井駅員(福):同一駅の発着ってできるものなの?
電磁快速(私):以前、大磯のオー券(*1)を発行してもらいましたよ。

福:経路誤っているってよ?
私:じゃあ金額入力(金額入力発券)(*2)は?
福:金額入力は怖くて触れないんだよなぁ。
私:そういえば経路指定(*3)の項目あります?
福:あるね。試してみようか。

武蔵野→南浦和→上野→新幹線→東京→東海道→横浜線→中央東

福:うーん。発券できないね。
福:あ、武蔵浦和ならどうだろ。

南浦和を埼京北赤羽に変更。

私:埼京線じゃないんですか?埼京北赤羽でいいんでしょうか?
福:そうか、経路と実際のほう違うしね。

埼京に変更。

福:うーん。出ない。
私:あ、路線で経路指定のほうはどうでしょう?
福:あー、それなら東海道を京浜東北で出せるのね。

路線選択にて再操作。

福:あー、これなら出るみたいね。
私:本当にご迷惑をおかけしてすみません。
福:いやいや、これも一枚の正式な乗車券だからね。

*1「オー券」 O券。私の通称でもあるが、発着駅が同一の場合の乗車券。
*2「金額入力」 経路が計算されない場合、窓口の係員が直接金額を入れる発券方法。
*3「経路指定」 端末が計算した経路と異なる場合に係員が経路を指定する発券方法。

といって発行してもらいました。
Dsc00495.jpg

伊勢崎駅の端末は、MEXで指定席券売機MV30とは違う感熱印刷式ですね。

帰りはそのままと新越谷へ出て帰りました。


ところでこのO券をなぜ買ったのか。

まぁ素直に大都市近郊区間で途中下車して下車印集めたいからです。

この切符だと、片道の距離が100kmを超えていて、かつ大都市近郊区間に含まれない東北新幹線を通しているので全ての駅で途中下車が可能です。

その証拠に、券面に「下車前途無効」や「山手線内途中下車不可」という文字がありません。

また、JR東海である東海道新幹線を使用しないので(2- )であり、■ではなく□が4つとなっています。

ちなみに、(2-タ)という表示では、2がJR東日本管轄で購入したきっぷでタは東日本線以外も利用する場合(他社のタ)を表しています。

□□□□・・・・・・・・ とありますが、これは会社混合地域通過の際に区別するためにあります。

全部で12つの四角があり、左4つの四角は東京~熱海間、中4つは米原~新大阪間、後4つは博多付近のそれぞれの会社混合地域に使われます。

□は在来線を表し、左4つではJR東日本東海道本線、中4つではJR西日本東海道・京都線、後4つではJR九州会社線となります。

■は新幹線を表し、左4つと中4つではそれぞれJR東海の東海道新幹線、後4つではJR西日本の山陽新幹線区間となります。

今回の場合では、左4つが□なのでJR東海道本線を利用する、という意味になります。

尚、この記事に掲載した切符は未使用のものなので念のためスキャナーを通しておりません。


◆御知らせ◆
以下のサイト様にご協力をいただきまして以下の処置を行いましたありがとうございます。

ブログ名「東武鉄道大山車両センター」
管理者名「50291Fさま」
実施取扱「相互によるリンク」
昨日、鬼怒川方面に行くとか言っておきながら結局、何か嫌な予感がしたので延期しました。

実際、今日は東武伊勢崎線の牛田駅で人身事故が発生し、遅れと運休が発生したのは言うでもありません。



さて、明日は京浜東北線浦和高架化工事です。

以前の浦和工事は記事で書いたとおりです。当時は北浦和~大宮での閉じ込め運用では全てが209系だったのですが、今回は209が少なくなり、果たしてE233-1000が閉じ込め運用に就くかどうかが見所だと思います。

中央線の工事では、E233系が西国分寺行きを表示するというものが見れましたが、今回の浦和工事でE233-1000が運用された場合、北浦和行きという表示を見ることができるのでしょうか。


さて、そんな工事へと向かうべく早速きっぷを購入してきました。

スキャナーの接触不良で携帯での撮影となっております。ご了承ください。

091219_1954~04

091219_1954~03
さて、この切符は片道乗車券、往復乗車券と比べて知名度が低い切符で連続乗車券といいます。乗車券の表示の横に(連続 1)や(連続 2)の文字があるのが特徴です。

連続乗車券は、片道乗車券・往復乗車券のいずれの購入条件にも合わない切符です。

例えば、A駅からB駅、B駅からC駅のように、行きと帰りで経路が違う切符を購入する場合などに買うことが出来ます。

画像を見る限り、池袋→川口と川口→大宮の片道乗車券にも思えますが、有効期限の所をみてください。ちなみに、分割して買った場合の普通乗車券は

091219_1954~02


091219_1954~01
のように、普通乗車券で分割しても有効期限は1日間です。

連続乗車券の最大の特徴はこの有効期限にあります。

連続乗車券の場合、連続1の乗車券と連続2の乗車券の有効期限を合わせた有効期限が分割した全ての乗車券に適用されます。つまり、上の連続乗車券では

池袋 → 川口 有効期限1日
川口 → 大宮 有効期限1日
-------------------------
計 2日

と、このようにあわせて2日の有効期限なので両方の切符に有効期限2日が適用されるのです。


そもそも、なぜ分割したのか。決して、川口と北朝霞で降りるわけではありません。

分割せずにそれぞれ、大宮と新秋津へ直接向かうと運賃は380円なのですが分割することによってそれぞれ二枚の合計が370円となり、10円引きで切符を買うことができるのです。
東武鉄道の株主になったのはだいぶ前のこと。

そういえば、まだ使っていない東武鉄道の株主優待券があり、かつ有効期限が年末までなので明日あたり日光方面に行こうと思います。

また、東武ワールドスクウェアの優待券や東武博物館の券をあるので使ってみようかと。
先週のタモリ倶楽部は、払い下げ車両のテーマでした。

松本電鉄や秩父鉄道などが登場し、出演していたほんこん氏が大井川鉄道で走っている元近鉄車を見るや大変な興奮を示しました。

また、クラスメイトであるI氏も秩父鉄道に払い下げとなった国鉄101系スカイブルーが走っていると聞き、乗りたいと言っていました。京浜東北線が好きだそうなので。

そして、LEDの事が取り上げられシャッタースピードに関するものもやっていました。

今年の夏のコミケで見た方が出演していらっしゃいました。



さて、今日はLEDから離れて駅名標にちょっと触れてみました。

フォントなどは各社で使われている正式なものではなく、フリーフォントなどを集めて作ったものですので再現とまではいきませんがちょっと紹介します。

<西●鉄道風 東武練馬駅 駅名標>
西武標 東武練馬 real
どうにも東武練馬のローマ字表記は本物に近づけられませんでした。

ただ、蛍光灯の光具合?的なものの効果のためにちょっとした工夫を入れてみました。

思うんですが、東武にカラフルはあまり合わない気がします。


<JR東●本風 大山駅 駅名標>
JR標 大山 real
こちらはなんとかそれっぽく見えるなー、という具合のものですね。

ラインカラーの は、東武東上線の駅で使用されている(現在は新型に順次変更されている)駅名標のカラーでもあり、東武10000系列のカラーでもあるワインレッド色を使用しました。


作ってみて思ったのですが、やっぱり特徴的なデザインだとそれなりに苦労しますね。京阪とかやりたかったのですが、あの青色でなんかカッコいい感じの駅名標は結構厳しいものです。
今日は、トブコ区準の再現です。

<東武10000系 フルカラーLED搭載車>区間準急 東武動物公園
東武10000系フルカラーLED搭載編成の表示です。東武動物公園の文字を入れるために種別となる区間準急の表示が縮まっています。それでも、結構見やすい表示ではないでしょうか。

<東武8000系 三色LED搭載車>
区間準急 東武動物公園
東武8000系三色LED搭載編成です。縮小するまでもなく、むしろ余白が気になります。

<東武50050型 前面LED> ※参考
前面 50050 準急 前面 50050 東武動物公園
全く関係ないですが、準急繋がりということで(区間準急と停車駅が同じ等)。


区間準急の東武動物公園行きです。休日に数本あります。10000のフルカラー編成で来ることもあります。

※東武8000、50050の表示は以前作ったものを流用しています。今回、再現したのは10000系のみです。他2車種に関しては参考程度ということで公開しています。



さて、いつもならここで終わりですが今日はとある出来事があったので書かせていただきます。

事の始まりは、半年くらい前。

中央線の吉祥寺駅から、中野経由で東京メトロの大手町駅までの連絡乗車券を購入しました。

いつものように、総武緩行線に乗車し中野駅で降りました。

中野駅で途中下車しようと思い有人改札へと向かったのですが、係員に途中下車は出来ないといわれました。

ここで、皆さんは当然だ、と思うかもしれません。切符には「下車前途無効」と書かれています。

しかし、JRの連絡運輸規約には連絡会社線接続駅での途中下車は無条件に認められる、と書かれているのです。

よく考えてみてください。例えば、山手線の大塚駅から西武線の練馬駅までの連絡乗車券を購入したとします。池袋駅では、JRの改札を出場し西武線の改札へ入場します。この時、改札の外にいる=すなわち下車しているということになりませんか?

つまり、今回のケースでは東西線は中央線と直通運転をしているために中野駅で一回降りる必要はなく、それを誤って係員が思い込んでいた為にこのような事が起きてしまったのだと思います。

中野駅で降りる(途中下車する)ということはJR線の改札を出て、メトロの改札に入るという事になるのです。


これが起きたのが半年前。

当時は、おかしいと思いつつも途中下車せずにそのまま大手町へと向かいました。

その後、親戚がJRに働いていて先日会った際に確認すると、不思議な話だと返答されたので今日、JR東日本へ問い合わせしました。

その結果、確かに中野駅で降りることは可能です。中野駅の対応が間違っていると言い、ひとまず中野駅と関係各部署へ連絡するので後日折り返すとの返事をいただきました。

今回のケースは非常に稀といってもよいでしょう。ほとんどが中間改札を設けているためにこのような事態は起こりませんし。

皆さんも、係員側の不手際ということがたまにありますので特に大回り乗車などといった時はきちんと説明できるようにしておいたほうが無難ですね。
昨日は、常磐緩行線を走っていたJR東日本在籍、たった一編成の207系900番台こと、松戸車両センター所属のマト71が引退しました。

常磐線の沿線にはすごい多くの方が押し寄せ、一斉にマト71の別れを惜しんだとのことです。

常磐緩行線はE233系2000番台の導入で、203系もそろそろ危うい状況となってきました。

いままで国電揃いだった千代田線、常磐緩行線ですが(OER車を除いては。そういえば最近1000形を見ない)これを機に新車揃い(OERの4000形も含めたら)となるのでしょうか。



さて、今日も東武です。

普通 成増
再現してそうで再現していなかった成増行きです。

志木行きは作ったのですが、成増は無かったようです。


要らないとは思いますが解説をすると、

本数はメチャ多いです。池袋発の普通といったら大抵はこの成増行きか志木行きです。(一部、少数ながら川越市ゆき、森林公園ゆき、一本のみの上福岡行きもあります。)
西武バスを通学に利用するのですが、終点のアナウンスで
「(中略)~バス特チケットが付くサービスを実施しております。」
と流れるものの、どうも
「悪徳チケットが付くサービスが」
と聞こえてしまいます。
どうでもいいのですが。


さて、東武10000系の再現です。

普通 北越谷
日比谷線から来た日直運用車などは北越谷行きも多いものの、本線も北越谷行きが数本存在。

区間準急 北越谷
区間準急の北越谷行きは、浅草22:22発の平日3809レの一本のみ。貴重な存在である。

区間急行 北越谷
区間急行の北越谷行きは、現在では定期運用として存在されていない。しかし、前例として新栃木行きの区間急行が人身事故の影響を受け、北越谷止まりとして運転した実績がある。また、北春日部駅同様に区間急行は北越谷駅には停車しないが、日直運用の折り返し等に使う留置線が存在するため、うまく使うことができるかもしれない。


再現の頻度が落ちるとか言っておきながら以外と更新頻度が高い、LED再現です。

期末ももう終わってしまったのでしばらくはゆっくりと休めるようです。



さて今日は東武10000系 フルカラーLED装備編成です。

<北春日部行き>
10000系フルカラーLED車
区間準急 北春日部
8000系 三色LED車
区間準急 北春日部
区間準急の北春日部行きは、平日に5本と土休日に3本存在している。
これにあたる列車番号は3800台の奇数である。


10000系フルカラーLED車
区間急行 北春日部

8000系 三色LED車
区間急行 北春日部
区間急行の北春日部行きは、平日の浅草23:57発、2801レのみ存在する。
通常、区間急行は北春日部駅を通過するがこの列車のみ春日部研修区に入庫するためのスジと考えられる。


<館林行き>
区間準急 館林
区間準急の館林行きは、夕方・夜を中心に多数存在する。一部は、太田行き。

区間急行 館林
区間急行の館林行きは、朝を中心に数本存在。夕方からは上の区間準急で運転。


※8000系のLEDは以前公開したものを流用しています。
入場記録
プロフィール

でんじらぴっど

Author:でんじらぴっど
普段はホームで旗を振ったり、放送したり、窓口できっぷを売ったりする仕事してます。
----------------------
荒らしの書き込み、その他正当な書き込みとみられないものは即除去し、悪質な場合はそれなりの対処をします。

▲当サイト内の画像は原則転載・再配布禁止です。他の方からも借り物もあったりするので、どうしても必要な場合だけ連絡ください。
----------------------

◆イベント参加予定◆ 8/3…艦これ横浜観艦式予行昼
8/15…C86 1日目
8/16…C86 2日目
8/17…C86 3日目
9/7…第32回土師祭 埼玉/鷲宮
9/14…砲雷激戦よーい!!12 国展
10/19…鎮守府に着任しました!
    ~藤永田ニ見ユル刻~ 大阪

11/9…浦賀船渠ノ航跡 横須賀
------------------------------
白文字は一般参加のイベントです。
青文字はスタッフ参加のイベントです。
イベント名の後の地名は会場のある場所です。
お知らせとか
●当サイトバナー(2014.7.16~)

●フォームを利用される方へ
文章の構成や内容によっては、返信をしかねる場合がございますので、文章を確認のうえ、ご送信願います。また、相互リンクご希望の方は必ずお持ちのページのアドレスをお書きください。

Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
(★)は相互リンクサイト
(☆)は相互リンク出願中サイト
(×)は不通サイト
(単)は単線リンクサイト(片道)
(〓)は特別相互リンクサイト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。