上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、201系H7編成が松本へ向けて団体回送されて行き、中央線から201系が完全に引退することになりました。

s-DSCF1679.jpg
(以下、画像クリックで拡大)

相模湖駅の様子です。201系は、豊田~松本間の一部駅でトイレ休憩などを挟むために停車します。相模湖駅はその一つで、相模湖の次は大月に止まりました。


s-DSCF1714.jpg

s-DSCF1685.jpg

s-DSCF1688.jpg

方向幕として貼られた物。「豊田松本」のは、もう戻ることは無いという強い意志を語っているように見えます。


s-DSCF1694.jpg

乗務員さんも記念撮影に応じています。


s-DSCF1696.jpg

号車表示はプレートではなくこのような形式に。と思ったら、中間の一部はプレートが残存していました。


s-DSCF1698.jpg


s-DSCF1704.jpg

中間の併結部分では、方向幕が変えられていました。


s-DSCF1706.jpg


s-DSCF1712.jpg

強引ですが、相模湖着発線変更を受けた953Mに就くT31編成との並び。大月まで行ってないので分かりませんがこれが最後の世代交代だったかもしれません。


s-DSCF1718.jpg

その後、再び松本への長い最後の役目を果たすために最後の相模湖駅を後にしたのでした。




さて、201系が中央線から引退した今、東日本で未だ運用残存する201系は京葉線の数本となってしまいました(203系は別として)。こちらも、E233系の導入で存続が危ぶまれています。今後は、こちらの動向にも注目ですね。

s-DSCF1033.jpg
スポンサーサイト
最近、桐乃電鉄関係の記事が多かったので久しぶりにLED再現をしてみました。


おなじみの東武8000系です。

<東小泉ゆき>
s-DSCF1274.jpg
ワンマン 東小泉


小泉線 東小泉ゆきです。桐生線 赤城始発が多く、基本は行ったり来たりしています。ここでの小泉線の定義は、館林~西小泉間ではなく太田~東小泉(竜舞経由)を指します。



<赤城ゆき>
s-DSCF1276.jpg
ワンマン 赤城
東小泉ゆきの説明に同じです。なお、LEDによる「赤城」の表示はこれ以外にも250系で表示される機会があります。
本日、桐乃電鉄で運用される自社線車両を発表いたします。


<1000系・1050系>

【前面】
ker1000-1.png

【側面】
ker1000-2.png

【車両諸元】
車両形式名:桐乃電鉄1000系・1050系

車体寸法:先頭車/19500×2768×3640㎜ 、中間車/19500×2768×3620㎜

車体性能:営業最高速度 110km/h 、設計最高速度 125km/h

電気方式:直流1500V、架空電車線方式

制御方式:VVVFインバータ制御(IGBT素子)

台車:先頭車/TS-1067、中間車/TS-1062

製作年月:2010年10月

製作工場:桜が丘ネオジウム

編成形式:6両編成(構成:4M2T) 1050系は2両編成。

【車内銘板】
ker1000-3.png

【車両説明】
桐乃電鉄の標準通勤型車両。全編成が桜が丘ネオジウム製。1000系は6両編成で1050系は増結用の2両編成となる。通勤区間へ主に使用されるため、4ドア配置になっている。ラッシュ時や多客時は、1050系を増結して最大8両編成での運転も可能。松代鉄道の保安装置を搭載しているので、松代鉄道への直通が可能。運転台に左片手式ワンハンドルマスコンを設置して操作性も重視させている。車内LCD、照明装置の改良可などでサービス性の向上も図る。1050系は、澪新島~佐和湖間のワンマン区間での運転も可能。1050系を三編成連結させて本線運用に就くこともできる(ブツ6編成)。






<1070系>

【前面】
ker1070-1.png

【側面】
ker1070-2.png


【車両諸元】
車両形式名:桐乃電鉄1070系

車体寸法:先頭車/19500×2768×3640㎜ 、中間車/19500×2768×3620㎜

車体性能:営業最高速度 110km/h 、設計最高速度 125km/h

電気方式:直流1500V、架空電車線方式

制御方式:VVVFインバータ制御(GTO素子)

台車:先頭車/TS-1132、中間車/TS-1062

製作年月:2010年10月

製作工場:近江製作所

編成形式:2両編成(構成:1M1T)

【車内銘板】
ker1070-3.png


【車両説明】
桐乃電鉄の標準近郊型車両。1000系や1050系と同一の性能だが、全編成が近江製作所製な上、制御装置がGTO素子のVVVFインバータ制御というなど若干の違いは見られる。姫子野原以降を主に走り、澪新島~佐和湖間の主力車両であるという理由から、3ドア配置になっている。ワンマン運転時に案内用として放送するために、車外スピーカーを設置している。松代鉄道の保安装置は設置していないため、乗り入れはできない。鎌池公園駅と冷暖房効果持続という二つの対策として半自動ドアを採用、長時間停車や無人時間帯の鎌池公園ではドア横のドアボタンを操作する。車内銘板の号車表示は7と8になる。これは、1000系と連結した場合を想定していてその証拠として増の字がある。寒冷地を走行するため、霜取りパンタが取り付けられている。物理的に1050系との連結は可能だが、号車表示が対応しなくなるので通常運用では行わない。
これまで、桐乃電鉄を営業するにあたって様々な分野において部分的に発表してきました。

その段階的な発表のメインデッシュとして、桐乃電鉄の車両がまもなく公開となります。

今回は特別にモザイク処理をした画像だけご覧いただきたいと思います。


<車両前面>
ker1000-before.png


<車両側面>
ker1000-before2-2.png


<車両諸元>
車両形式名:桐乃電鉄1000系

車体寸法:先頭車/19500×2768×3640㎜ 、中間車/19500×2768×3620㎜

車体性能:営業最高速度 110km/h 、設計最高速度 125km/h

電気方式:直流1500V、架空電車線方式

制御方式:VVVFインバータ制御(IGBT素子)

台車:先頭車/TS-1067、中間車/TS-1062

製作年月:2010年10月

製作工場:桜が丘ネオジウム 近江製作所

編成形式:8両編成(構成:4M2T)


◆◆◆
桐乃電鉄開業と同時に運用される車両。シルバーメタリックな車体に青いラインが入った近代的なデザイン。車内にも気を配り、ドア上部にはLCDディスプレイを二台設置したほか、シートピッチを増やして和みが取れる車内を目指した。



<路線概要>

路線名称:桐乃電鉄株式会社 桐乃本線(愛称/あにめろーど桐乃線)

敷線路幅:1067mm(狭軌敷設)

電気系統:直流1500V、架空電車線方式

保安装置:CS-ATC




以上、車両と路線の概要でした。車両は近日、モザイクを取ってお披露目したいと思います。
先日発表しました、松代鉄道線との連絡乗車券の発売ですが、乗車券のテンプレートが完成しましたので後悔(公開)いたします。


連絡乗車券

例として、元御坂駅から松代鉄道線の200円区間までを示しています。

ところで以前、割引額は20円均一という発表をしましたが、松代鉄道の営業部側から価格改定の公示を受けまして、割引額が変更になりました。


01~05 10円
06~10 20円
11~15 30円
16~20 40円
21~26 50円

左は松代鉄道の営業キロ程。右は割引額です。


駅名表記は 桐電海村(地下側)/海村(地上側) の両方が使えることを分かりやすくするためにこのような表記となっています。


桐電海村駅接続の場合は、桐電から松代鉄道への直通電車にそのまま乗る場合です。この時、中間改札は通らずに出場は松代鉄道側となります。

海村駅接続の場合は、桐電から桐電海村駅で途中出場して松代鉄道 海村駅の改札に再入場して下車駅で出場するパターンです。このとき、桐電海村駅と海村駅の中間改札を通ることになります。


また、区間表示ですが桐電相互発着の場合と違って松代鉄道側のものに合わせています。桐電相互発着の場合は以下になります。

普通乗車券 改


尚、連絡乗車券に「下車前途無効」の文字が印字されていますが、実際は中間改札を通るパターンがあるので桐電海村駅に限り途中下車が可能です。但し、あくまで特例ですので乗継は30分以内とします。つまり、桐電海村駅改札を出場して30分以内に海村駅へ再入場しなければ無効になる、ということです。


松代鉄道相互直通電車の運転区間は桐電海村~桐乃台となりますが、連絡運輸の範囲は当社線は桐電海村~澪新島とします。鎌池公園、佐和湖では連絡乗車券の購入はできません。鎌池公園では乗車証明証をそのままお持ちになって下車駅での精算が可能です。同様に、佐和湖では桐電海村までの乗車券をお買い求めの上、下車駅でご精算ください。但し、松代鉄道直通電車に限り有効です。桐電海村駅での途中下車をして松代駅のご利用はできませんのでご了承ください。
入場記録
プロフィール

でんじらぴっど

Author:でんじらぴっど
普段はホームで旗を振ったり、放送したり、窓口できっぷを売ったりする仕事してます。
----------------------
荒らしの書き込み、その他正当な書き込みとみられないものは即除去し、悪質な場合はそれなりの対処をします。

▲当サイト内の画像は原則転載・再配布禁止です。他の方からも借り物もあったりするので、どうしても必要な場合だけ連絡ください。
----------------------

◆イベント参加予定◆ 8/3…艦これ横浜観艦式予行昼
8/15…C86 1日目
8/16…C86 2日目
8/17…C86 3日目
9/7…第32回土師祭 埼玉/鷲宮
9/14…砲雷激戦よーい!!12 国展
10/19…鎮守府に着任しました!
    ~藤永田ニ見ユル刻~ 大阪

11/9…浦賀船渠ノ航跡 横須賀
------------------------------
白文字は一般参加のイベントです。
青文字はスタッフ参加のイベントです。
イベント名の後の地名は会場のある場所です。
お知らせとか
●当サイトバナー(2014.7.16~)

●フォームを利用される方へ
文章の構成や内容によっては、返信をしかねる場合がございますので、文章を確認のうえ、ご送信願います。また、相互リンクご希望の方は必ずお持ちのページのアドレスをお書きください。

Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
(★)は相互リンクサイト
(☆)は相互リンク出願中サイト
(×)は不通サイト
(単)は単線リンクサイト(片道)
(〓)は特別相互リンクサイト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。