スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月探訪一・二日目(1/1・2)

Category : 鉄道

今回はしっかり書きますよ(`・ω・´)

というわけで、今月行ってきました18きっぷの旅の旅行記をまとめました。

今回はまず、出発から二日目までです。



【一日目 バイト先~】
<バイト先>
今回の正月探訪、実はバイトから直行でした。

というのも、本当は元旦から行きたかったのですが某コンビニのバイトが入ってしまい、断ろうとしたものの元旦は時給が3割増しということで断れず(´・ω・`)

バイトを22時に終え、ゆっくりしてから西武池袋線に乗って池袋へ出ます。

~埼京線 普通赤羽行き 池袋2303→赤羽2311~

赤羽駅構内の本屋さんで小型全国時刻表を購入。23時閉店だったのですが、なぜか開いていました。

~高崎線 普通新前橋行き 赤羽2317→高崎055~

上野始発の211系が来ました。やっぱり211系に乗ると北へ向かう気がします。といっても、今回は西へ向かうのですが。

高崎でお目当てのこれに乗り換えます。

DSCF2771.jpg
ムーンライトえちごですv

新宿と新潟を結ぶ、夜行快速列車です。183系車両が充当されています。ちなみに臨時急行能登号とはこの駅で顔合わせします。

今回は高崎から乗り込みます。



ところで、なぜ池袋からえちごに乗らなかったのだ? という疑問を持たれる方もおられるのではないでしょうか。確かに、私が乗った赤羽行きの約15分後にこれが来るのです。そこまでして211系に乗りたかったのか? そうではありません。

えちご号はムーンライトながら、信州81号などと同じ夜行快速なのです。18きっぷでは、普通列車と快速列車の乗車に限られています(一部特例あります)が、この列車は例え全車指定の夜行快速であっても、指定席券(通常期510円)を購入すれば乗車が可能なのです。

但し、18きっぷで乗車する際には注意があります。それは、日付をまたぐことです。
18きっぷを使う場合、電車特定区間を除いて乗車する列車が0時をまたいで最初に停車する駅まで1回分が有効になります。

えちご号は、新宿を2310に出て、池袋・大宮と停車していき0時を過ぎて高崎に着きます。よって、高崎まで新宿発車分日付で有効になります。もし、私が池袋からえちご号に乗車したならば、池袋~高崎で1回分。高崎~新潟で1回分の計2日間を消費してしまうのです。

ちなみに18きっぷの1回分は2300円。池袋~高崎では、片道1890円なので、もったいないことは分かりますよね。

だからといって1890円を払った、というわけではありません。

私は、赤羽駅で新前橋行き985M列車に乗り込みました。この電車は、運が良いのか高崎線北鴻巣に000に着きます。つまり、高崎線北鴻巣までは1/1、北鴻巣からは1/2に変わるのです。ということは、北鴻巣から18きっぷを使用開始すれば、池袋~北鴻巣の運賃を負担すれば済むのです。

池袋~北鴻巣は片道820円ですから、高崎まで買うより1070円もお得になります。

しかし、まだ裏技はあります。820円よりも少額ですが、安くすることができます。

それは、池袋~北浦和・北浦和~北上尾・北上尾~北鴻巣のように、乗車券を三葉(三枚)に分割することです。

JRの大都市近郊区間では、複雑な運賃設定とルールがあり、稀に乗車区間の切符を分けることで、1枚で買うより安くなることがあるのです。

通常で池袋~北鴻巣は820円です。分割をした場合、池袋~北浦和が290円。北浦和~北上尾が230円。北上尾~北鴻巣が230円。この3つを足すと、750円になります。つまり、70円も更に安くできます!

でも、池袋駅で北浦和や北上尾起点の乗車券は買えるのか? 買えます。みどりの窓口や、指定席券売機(MV端末)で購入ができます。

また、分割をした場合、いちいち分割駅で降りて乗るを繰り返せねばならないのではないか、という疑問も大丈夫です。継続乗車が認められ、降りる駅で分割したすべての乗車券を提示すればOK。

最終的に裏技の駆使して、高崎まで通常で買うよりも1140円お得になりました! 大きいですよねw

ただし、この裏技はえちご号の先行である新前橋行き985M列車に乗らなければならない(その前の快速アーバンでは、倉賀野で2359、高崎で000なので同じことだし、その後の高崎行き最終では、高崎に着いた時にはもうえちごは発車している)というリスクがあるほか、係員に説明ができるような最低限の規則を知らなければ難しいです。ということで、何があっても保証はいたしませんのでご注意を。ちなみに、違法ではありませんよ。


さて長々と規則の話になってしまいましたが、続きをw

ムーンライトえちご新潟行き 高崎113→新潟451~

DSCF2773.jpg

18きっぷが使える夜行列車であるほか、当日中に乗り継いで函館本線森駅まで到達(新潟から延々乗り換える)することもできる列車でもあるため、やはり混んでいました。私の隣の席は、新潟まで空いたままでした。

183系電車の通路と客席をつなぐドアは手動なので、閉めるときにガチャン!、という音がしてうるさいです。端の席では寝れないだろうなぁ・・・。

DSCF2776.jpg

目を覚ますと、越後石山駅を通過しているところでした。新潟定刻到着です。ここでは、白新線の快速村上行きや、越後線吉田行きに連絡しています。快速村上行きは、昔えちご号が村上まで運転していた時の名残で、新潟までの運転に縮小されたのち、新潟始発で列車を設けています。私は画像左の吉田行きに乗車しました。

ちなみに、ここから五回も115系に乗り続けることになります。

~越後線 普通吉田行き 新潟500→吉田554~

乗り込むと、えちご号であまり寝れなかったのかすぐうとうとしていました。内野西が丘駅辺りで完全に夢を見始めました。


起きると吉田駅。555。やばい!、と起きて、発車間近だった柏崎行きに乗り換えました。115系2本目。

ちなみに、吉田行きだった115系は弥彦行きになりました。弥彦色だったので、やはり・・・。弥彦線は次の機会に。

~越後線 普通柏崎行き 吉田556→柏崎708~

DSCF2780.jpg

柏崎に着きました。日本海側だけあって寒いです。新潟より寒いかも。

DSCF2786.jpg

駅前のNEW DAYSで朝飯を調達し、直江津行きに乗り込みます。115系三本目。ちなみに画像中央の表の下にあるきたぐに。この表記も、もうすぐ見納めになってしまうのですかね。

~信越本線 普通直江津行き 柏崎725→直江津807~

柏崎から直江津まですべての駅名標を列車から撮るつもりだったのですが、米山駅だけは撮ることが出来ませんでした(´・ω・`)

ちなみにこの電車、長岡始発なので長岡でえちご号を降りても乗れます。しかし、えちご号の到着が早すぎるので三時間程度待たされます・・・w

DSCF2790.jpg

直江津に到着です。ここから糸魚川方面はJR西日本の北陸本線になります。ここで長野行きに乗り込みます。115系四本目。

~信越本線 普通長野行き 直江津810→長野953~

DSCF2791.jpg

乗っている115系の色がすべて違う(弥彦色、新潟色、新新潟色、長野色)とはいえ、流石に飽きてきます。というか、急に大雪になってきました。妙高高原では10分も交換待ちで止まっていました。

DSCF2793.jpg

線路に溜まった雪を溶かすため、スプリンクラーがフル可動中。上越新幹線とかでよく見る光景ですね。

長野に近づくにつれて混んできます。

DSCF2796.jpg

長野5分遅れて到着。こちらは、雪が降っていました。大変寒いです。手が赤くなってきます。ここで、最後の115系に乗車。

~篠ノ井・中央東線 普通甲府行き 長野1011→松本1128~

ここにきて、「甲府行き」という関東に馴染みのある地名が出てきて感動します(謎)

途中、日本三大車窓である姨捨駅を通りますが、2010年夏に訪れたので今回は寝てましたw

ちなみに2010年8月時はこんな感じ↓
DSCF1443.png

ホームから一面に広がる景色は格別ですよ!

DSCF2804.jpg

松本に到着。長かった115系との旅は、ここで終わりとなります。ちょうどお昼だったので、駅前の洒落た信州そばの店に入りました。

DSCF2808.jpg

生そばうめぇぇぇぇ! 最高ですた(`・ω・´)  かき揚げがめっさうまい

ちなみに松本は、長野とうってかわって雪は全くありません。


115系の長い旅は終わりましたが、ここからまた長い旅が始まりました。

~中央東・西線 普通(ワンマン)中津川行き 松本1218→中津川1456~

長野県から岐阜県へ。

DSCF2812.jpg

そう、(距離的な意味で)313系の長い旅のはじまりでした・・・。115系と違って、かなり快適。これ、ムーンライト木曽路とかいって走らせたらどう?w

松本を出て、塩尻まではJR東日本の篠ノ井線を走ります。JR東海の車両が東日本の路線を走るのはそれほど珍しくはありません。東海道本線の東京始発列車、静岡行きは東海車です。

塩尻着。ここで、まさかのアナウンスが。

「塩尻で30分ほど停車いたします」

( ゚д゚)ポカーン (;゚д゚)ポカーン

塩尻到着後、JR東海の運転士に交代し、運賃表示機が動作しはじめました。塩尻からJR東海区間は中津川までワンマン運転をするためです。

DSCF2817.jpg

運賃表示機は、レシップ製のOBC-Visionでした。地元では、最近西武バスの一部車両でこれが取り付けられています。

30分後、先行する特急しなの号の遅れが影響して、5分遅れで塩尻を発車。車内はかなり混んでいます。中津川まで寝ました。

DSCF2820.jpg

駅名標が東海デザインに変わりました。塩尻から座っていたので尻が痛かった。塩尻と尻のギャグ?違うよww

~中央西線 快速名古屋行き 中津川1513→名古屋1627~

DSCF2821.jpg

ここにきて、前日お世話になった211系が登場。中央線では、ほぼこれが来ます。

DSCF2823.jpg

遂に名古屋に到着。実は、名古屋を通過したことはあるものの、名古屋で降りたことは初めてです。朝は新潟にいて、昼は長野にいて、今は愛知。普通列車もなめたもんじゃないですね。

DSCF2825.jpg

さてここで名鉄に乗り換え。初名鉄です。電車でGO!でやってから名鉄に興味を持ち始め、やっと乗る機会ができました。

この画像に書いてある列車は全て同一ホームの発車です。かなりの過密ダイヤであることがわかります。というか行先が多すぎてわからねぇw

DSCF2826.jpg

中京圏では、manacaというICカードがあります。名鉄や名古屋市営地下鉄に乗れるもので、関東でいうPASMOの位置づけですね。もうすぐ、JR東海のTOICAと相互利用が始まります。

DSCF2830.jpg

名鉄では列車ごとに行先、経由、停車駅、両数が異なることがあるので、画像のようにランプが点灯して乗車口を教えてくれます。名鉄名古屋駅では、ホームが4つありますが上り下りそれぞれ2つずつ使うので二面二線のようなものです。

ようはこういうこと。
meitetsu-naoya.png

先に降車側を開け、降りる人を降ろしきってから乗車側を開けます。西武池袋駅のような方式で、これなら降りる人とぶつかる事なんかはありません。

DSCF2831.jpg

停車駅も教えてくれます。たまに、列車によって同じ種別でも停車する駅が変わったりするので注意が必要です。

~名鉄名古屋本線 急行豊橋行き 名鉄名古屋1643→知立1711~

急行に乗ります。なかなか快適ですが、言葉が完全に名古屋弁。ちなみにエスカレーターは名古屋は右のままですよ。

DSCF2833.jpg

知立で降ります。ここで名鉄三河線に乗り換えます。

DSCF2834.jpg

急行は次は、新安城に止まります。

DSCF2832.jpg

関東では懐かしい、パタパタ式の発車表示機です。一昔前まで、埼京線の高架駅などであったんですけどねぇ・・・。

名鉄では、このような表示機が未だ健在です。

DSCF2836.jpg

三河線6000系。名鉄らしい赤を基調としたカラーです。三河線は一昔前に、西中金~猿投、碧南~吉良吉田間が廃線となりました。現在は、知立を間に挟んで知立~碧南と知立~猿投で運転されています。

~名鉄三河線 普通(ワンマン)碧南行き 知立1717→名鉄刈谷1723~

DSCF2838.jpg

今晩のコンフォートホテルがある、刈谷駅に到着しました。到着後、チェックインをします。

刈谷は名鉄のほか、JR東海道本線の駅でもあります。だったら名古屋からJR乗ればいいじゃんって? 名鉄乗りたかったんだもん(`・ω・´)


夕飯はどうしようか、と考えて刈谷駅前を散策しましたが、ピンとくる店が無かったのでJRを使って隣の大府駅まで移動しました。

大府駅前も何もなく、思い切って金山なら何かあるかも、と思い金山まで行くも特に何もなし。なけなしで名古屋へ行くと、ホームに駅蕎麦屋があり、きしめん食おうと思って中に入りました。

DSC_0161.jpg

umeeeeeeeee



これにて二日目終了。次回は、三日目の旅行記を近日中に。

コメント

非公開コメント

入場記録
プロフィール

でんじらぴっど

Author:でんじらぴっど
普段はホームで旗を振ったり、放送したり、窓口できっぷを売ったりする仕事してます。
----------------------
荒らしの書き込み、その他正当な書き込みとみられないものは即除去し、悪質な場合はそれなりの対処をします。

▲当サイト内の画像は原則転載・再配布禁止です。他の方からも借り物もあったりするので、どうしても必要な場合だけ連絡ください。
----------------------

◆イベント参加予定◆ 8/3…艦これ横浜観艦式予行昼
8/15…C86 1日目
8/16…C86 2日目
8/17…C86 3日目
9/7…第32回土師祭 埼玉/鷲宮
9/14…砲雷激戦よーい!!12 国展
10/19…鎮守府に着任しました!
    ~藤永田ニ見ユル刻~ 大阪

11/9…浦賀船渠ノ航跡 横須賀
------------------------------
白文字は一般参加のイベントです。
青文字はスタッフ参加のイベントです。
イベント名の後の地名は会場のある場所です。
お知らせとか
●当サイトバナー(2014.7.16~)

●フォームを利用される方へ
文章の構成や内容によっては、返信をしかねる場合がございますので、文章を確認のうえ、ご送信願います。また、相互リンクご希望の方は必ずお持ちのページのアドレスをお書きください。

Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
(★)は相互リンクサイト
(☆)は相互リンク出願中サイト
(×)は不通サイト
(単)は単線リンクサイト(片道)
(〓)は特別相互リンクサイト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。