上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成25年3月11日。あの東日本大震災を引き起こした、東北地方太平洋沖地震の発生から二年がたちました。

私達にとっては短い二年間だったかもしれませんが、現地の被災された方々にとっては辛くて苦しくて長い二年間だったと思われているかもしれません。


日本中が大きなショックを受け、地震発生から一か月くらいは首都圏在住でも異常なものだと感じました。


私はあの日、高校の地下にいました。すごく長く揺れたのを覚えています。校庭に避難してからも、続く余震にこれからどうなってしまうのかと思いました。

首都圏の鉄道の復旧は早かったです。はじめで最後でもある学校に泊まるということを経験し、翌日は寒い中最寄駅まで行きました。一部路線はまだ大幅な遅延などを引き起こしていましたが、運転していました。

最寄駅のJR線改札前にある、いつもなら運行情報(路線図に赤い線とかオレンジの線が出て運行状況を知らせる)モニターが、その日だけNHKのニュースを流していました。地震後、はじめて見るテレビ。大勢の人がその周りに集まっていました。

もう退職済みですが、当時私は鉄道会社で駅員を補助アルバイトをしていました。新人研修が済み、やっと一人前になったという頃に地震が発生しました。


計画停電が実施されたときは、家の最寄駅まで鉄道が運行されなかったので勤務駅まで自転車をこいだ記憶があります。途中、急な坂が何度もあります。家を出たのは日の出前の三時半ころでした。

バイトは、朝ラッシュ時の通称押し屋と呼ばれる仕事です。私の勤務駅では、お客様を車内に押し込んでドアを閉めるという勤務を行っていました。

震災後、計画停電により運転区間が縮小されていましたが次第に全区間での運転が再開されると、すべて各駅停車というダイヤで運転をされた鉄道会社がほとんどだったと思います。私の勤務駅も例外ではなく、いつもなら押し込みをほとんどしなくても大丈夫だったのに、あの日以降しばらくはホーム全体に各駅から応援の駅係員がかけつけ、本社からも二人派遣されたほどでした。それでも、やっとの思いでした。私は、その光景を忘れることが出来ません。


夏。私の所属していたボーイスカウトのベンチャー隊隊長が、被災地のボランティアに行くぞと発案し、宮城県石巻市へ行くことになりました。通常は一週間ほどの滞在でしたが、私は所用により一日だけの滞在だけになりました。

仙台まで夜行バスに乗り、仙石線に乗りかえます。仙石線は、高城町までの運転となっていました。仙石線は、小学四年生のとき、当時JRから土・日きっぷという、古川までの東日本エリアの全線(新幹線含む)が使えるきっぷがあって、小学生は3000円という破格の安さ(そのうえ指定席も4回とれた)で親に黙って乗りに行ったことがあります。

仙台から多賀城あたりまでは住宅地が続き、松島海岸以降は海岸線を沿って走ります。それから、何度も仙石線は乗りました。私は仙石線が好きでした。

震災後、ニュースで仙石線の205系車両が津波にのまれて放置されている映像を目の当たりにします。正直、言葉を失いました。あの日、学校宿泊の際にラジオで仙石線の車両が海に転覆しているといった情報(のちにデマだと判明)を聞き、想像もできないような状況だと思いましたが、それでもあの映像からは何も感情が生まれませんでした。

そんな、仙石線は高城町まで運転をしていて松島海岸からは代行バスが出ていました。いつもならば、仙石線の「快速高城町」表示がレアで、カメラに収めるところですがそんな気がおきるわけがありません。こんな状況での高城町行きを見たくはありませんでした。

代行バスに乗ると、仙台市内の状況とは違って悲惨な光景が車窓から見えるようになりました。震災前に最後にこの区間の仙石線に乗ったのは、平成22年の4月。友人を連れて、この区間を乗りました。それが最後の仙石線の乗車となってしまいました。

バスは矢本駅に着きます。矢本からは、陸羽線用のキハ110系を使って運行しており、これで石巻へ向かいます。

石巻駅に着くと、隊長が車で迎えに来てくれて、それでボランティアが集まるところまで向かいました。

集合場所である、公民館の前には、今回のボランティアの隊長さんの自宅があったそうですが、津波にのまれてしまったと聞きました。その方も、自宅ごと津波にのまれて決死の思いで這い上がり、助かることが出来ました。

ボランティアは、排水溝にたまった瓦礫などの撤去。力仕事でした。かなり大変でした。一日だけの私でこのレベル、ずっと続けている方はたまったものではないと感じました。

その後、石巻駅までその隊長の方が車で送って下さり、その途中で石巻の惨状を見せられました、魚市場や門脇小学校…。その時の様子はこのブログで語っているはずですので、バックナンバーをご覧ください。



このように、おととしは私にとっても考えさせられるものでした。それは今でも変わりません。


風化させてはなりません。今日も明日も、これからも。



改めて、被害に遭われた方にご冥福をお祈りいたします。
記事がかなり放置気味になっています。一時期は、閉鎖も考えましたが個人的にまったりやるのがこのブログなので、気にしないことにします。



さて、先ほど朝日新聞の朝刊を読んでいたら、気になる記事を見つけました。

「とあるアニメで立川振興」

このブログでも何回か取り上げた、アニメ「とある魔術の禁書目録」並びに「とある科学の超電磁砲」の舞台設定として立川周辺が選ばれている件についてです。今回、映画「エンデュミオンの奇蹟」が公開されるということで、多摩都市モノレールと、地元は振興を図るようです。

その目玉として、今週土曜日には映画に出演した声優を乗せた応募制の特別列車が多摩センター~立川北間を走行したり(今知ったので参加できず…)、土曜日から3月14日まで車内を作品のイラストなどで装飾した「とあるモノレール」が1編成運用される見込み。

また、千葉都市モノレールで発売が行われた「アニメ・俺の妹がこんなに可愛いわけがない(舞台設定が千葉市近辺)」の記念乗車券(キャラクターが制服を着る)のように、多摩都市モノレールでは登場キャラの上条当麻と、インなんとかさんデックスが多摩都市モノレールの制服を着た絵柄(と思われる)で記念乗車券が売られると、ポスター告知をしています。

多摩都市モノレールの制服を纏った二次元キャラクターとして、鉄道むすめの「立川いずみ」(多摩都市モノレール社員という設定)に続くものとなります。

その他、立川市高松町の菓子店ではキャラの焼き印を入れたどらやきを販売したり、立川市内12か所を回るスタンプラリーを開催するなど、アニメが終わってもなお盛り上がりを見せています。


私も、このブログでも何回か取り上げ、前「μスカイわしのみや」というブログでも取り上げた、「らき☆すた」の聖地巡礼として、埼玉県北葛飾郡旧鷲宮町(現・久喜市鷲宮)のイベントや、聖地巡礼に何度も訪れたものです。

やっと立川が来たか、という思いに駆られています。「かんなぎ」の聖地みたく、失敗しないといいのですが、地元が盛り上がっているならそういう状況にもならないでしょう。



ということで、是非とも行ってみたいと思います。

詳しくは、ここをクリックしてください。多摩都市モノレールの特設ページに飛びます。
先日、小型特殊免許の取得に関して記事を書きましたが、最近になって原付免許を取得しました。


<前回>
kotokusetsumeis-.jpg

<今回>
gentsuki-setsumeis-.jpg

まず、帯の色が若葉からに変わりました。

青へは、初回更新時に自動的に変わるのですが、更新前でも上位免許(小特から見て原付は同等だと思うけど)を取得すると青に変わるようになります。


gentsuki-setsumei2.png
小特がずれてますが、これにて普通免許を取る準備ができました。後は、普通免許を取得するのみ。


ところで、試験場に行って原付講習を受けたら、小特受験者が1人いました。同じ考えなのかはわかりませんが。

そして、この前の小特受験のときと同じ教官でした。原付講習のおじさんも同じ人でした。みんな顔覚えられてました。


なので、これから小特受ける方。楽しみにしながら試験場に行きましょう。

小特から先に受けた方がいいですよ! 顔覚えられるし、原付講習の中に一人だけ併記免許がいて注目の的になります。私の場合、審査の所で原付併記?あぁ小特か。小特以外あり得ないしなぁといわれました。そういうのがお好きな方は是非どうぞ!

普通免許受ける前の試験場の下見と称してもいいかもね。
皆様、あけましておめでとうございます。

どうぞ本年も、準急日和。並びに、星加美急行を宜しくお願いいたします。



今まで、思いついたことをすぐ行動にうつすスタイルを長年とって参りましたが、結果としてテーマが増えただけで進展することなくやがて忘れ去られていくという場面が多々ありました。

今年は反省し、計画性のある行動をとっていけたらと思います。



さて、新年初記事となる今回ですが、今回は自動車免許のお話です。

私は既に18歳を迎えており、自動車免許証の交付を受けられる最低限の年齢である16歳を超えているので免許証を持っていてもおかしくはないのですが、実際持っては無く現在第一種普通自動車(MT車)免許取得に向けて、勉強中であります。

そんななか、ネット上で免許に関する面白い事実を知りました。

その名も、『フルビット』


フルビットとは、免許証の種類欄がすべて埋められた状態のことだそうで、種類欄を0と1で表す一昔前の免許証の状態からきているのだとか。

しかし、現実にフルビットしている人は少ないそうなのです。それはなぜか。

普通の人は、人生初の免許証を普通自動車免許で取得することと思います。そして、普通免許では原付(及び小特)に乗ることができるということも周知の事実だと思います。しかし、免許証を普通免許で初めて取得した人の免許証を見ると、種類欄には普通の文字のみ記載されており、乗れるはずの原付(原動機付自転車)と小特(小型特殊自動車)が書かれていないのです。

これは、普通自動車免許が原付及び小特からすると上位免許にあたるため、記載されないんだとか。

仮に、16歳になった時に原付をとっていたとしても、免許には原付、普通の文字があるだけで小特の文字がありません。

つまり、下位免許から順に取得していかなければフルビットすることはできないのです。上位免許所持者は、下位免許の試験を受けることができないからです。


というわけで、その事実を知った私は当然そのまま普通免許を取るはずもなく、小特を取りに試験場へ行ってまいりました。


受験票には原付と書かれていたり、小特用の問題がアタッシュケースから出されたり、他サイトでよくみるVIP待遇をうけつつも学科試験をパスして免許が交付されました。

原付は、学科合格後に原付講習というものがありますが小特は何もなく、交付までの数時間を周辺で待つのみです。費用も、3550円(東京都公安委員会の場合)で免許の中では一番安価です。


で、交付されたのがこれ。
kotokusetsumeis-.jpg

kotokun.png

人生初免許なので、カラーは緑になります。そして種類欄には「小特」の文字が。フルビットへの道が始まった瞬間でした。。。

次は原付を取らないとなぁ。

なお、フルビットの方法は複数あり、詳しくは他サイトをご覧ください。
先日、「Index東武」の改善、完全リニューアル化に向けての話をしました。


先ほど、Index東武の現会員の方からご連絡をいただき、ご意見を頂戴いたしました。

ジャンルが鉄道というテーマである以上、参加するメンバーが限られる点。そして、ネット上の付き合いである以上、関係が薄まる可能性もあるという点の二つを挙げられました。


オフ会を開催するといった意見もありました。それに関しては、責任問題やプライバシーの関連も考えなくてはなりませんので要検討ということで。

ジャンルは鉄道にしたいと思っています。二次元方面は、できればやりたいですけど好きな作品とかキャラクターにばらつきが出そうなんですよね。難しい。

うまくいけばコミケに参加したいなーみたいな展望はあります。そこまでいったら完全にサークルか。

でも、個人運営でコミュニティを作るとなると結構難しいんですよね。


アイデアが欲しい。すっごく欲しい。


そこで皆さんにお願いします。

個人運営のコミュニティの方向性として、皆さんのアイデアが欲しいです。

考えていただける方、アイデアがある方は具体的な案を示していただいて、この記事にコメントしてください。

コメントは、ここを押していただいて表示されるページにあるコメント欄をご利用ください。


皆様のご協力をお願いいたします。

マジでお願いしまふ(´・ω・`)
入場記録
プロフィール

でんじらぴっど

Author:でんじらぴっど
普段はホームで旗を振ったり、放送したり、窓口できっぷを売ったりする仕事してます。
----------------------
荒らしの書き込み、その他正当な書き込みとみられないものは即除去し、悪質な場合はそれなりの対処をします。

▲当サイト内の画像は原則転載・再配布禁止です。他の方からも借り物もあったりするので、どうしても必要な場合だけ連絡ください。
----------------------

◆イベント参加予定◆ 8/3…艦これ横浜観艦式予行昼
8/15…C86 1日目
8/16…C86 2日目
8/17…C86 3日目
9/7…第32回土師祭 埼玉/鷲宮
9/14…砲雷激戦よーい!!12 国展
10/19…鎮守府に着任しました!
    ~藤永田ニ見ユル刻~ 大阪

11/9…浦賀船渠ノ航跡 横須賀
------------------------------
白文字は一般参加のイベントです。
青文字はスタッフ参加のイベントです。
イベント名の後の地名は会場のある場所です。
お知らせとか
●当サイトバナー(2014.7.16~)

●フォームを利用される方へ
文章の構成や内容によっては、返信をしかねる場合がございますので、文章を確認のうえ、ご送信願います。また、相互リンクご希望の方は必ずお持ちのページのアドレスをお書きください。

Twitter
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
(★)は相互リンクサイト
(☆)は相互リンク出願中サイト
(×)は不通サイト
(単)は単線リンクサイト(片道)
(〓)は特別相互リンクサイト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。